住宅展示場に出かけてみよう

川崎の住宅展示場は、複数のハウスメーカーが建てたモデルハウスを見学できるため、家を建てたい人におすすめです。

住宅展示場を見学するときのポイント

あらかじめ最低限の知識は身に付けておくこと

住宅展示場に行けば営業担当者が色々と説明してくれますが、知識が無いと流される恐れがあるためちゃんと知識を身に付けておきましょう。

行きたい住宅展示場は見学予約をしよう

絶対に行きたい住宅展示場があるのであれば、あらかじめ見学予約をしておくと良いでしょう。

当日の服装や持ち物をあらかじめ確認しておこう

住宅展示場をいくつも周る場合は、動きやすい服装がおすすめです。また、印象に残ったことなどをメモするためにも、筆記用具などを準備しておくと良いでしょう。

住宅展示場は目的をもっていこう

目的が無いと、ただダラダラと住宅展示場を巡ることになります。あらかじめ何を見たいのかなど目的を決めておくと良いでしょう。

ちゃんとシュミレーションをしよう

モデルハウスの室内を見たら、必ず自分たちが暮らしている姿をシチュエーションしてみましょう。

各ハウスメーカーのモデルハウスが並ぶ

一軒家

多摩丘陵に位置し東京都と隣接した日本有数の工業都市である川崎市。京浜工業地帯の一角を担い、平成以降人口は増加の一途をたどりました。そのため、川崎市に住宅を建てる家族も少なくありません。特に、川崎市内陸部の住宅開発が進んでいますが、マイホーム選びに参考になるのが住宅展示場の存在です。より多くのモデルハウスを見学できるために、川崎市の住宅展示場では何社ものハウスメーカーが競ってモデルハウスを展示しているという特徴があります。一日で各ハウスメーカーのモデルハウスを見学して、効率良く比較検討できる点が大きな強みかもしれません。また、住宅展示場では多くの人が気軽に立ち寄れるように、様々なイベントを開催しています。住宅購入はまだという人でも、家族で遊びに行くことが可能です。

中原区の土地価格は高めです

相談

川崎市は工業都市として発達し、さらに東京都心部にも近いことからマイホームを購入する人が増えています。そして、マイホーム選びの参考に川崎市の住宅展示場を見学する家族も少なくありません。ところで、マイホーム購入に当たり、気になるのが土地価格かもしれません。2019年における川崎市の土地の価格相場は、平均で1坪当たり約125万円でした。特に中原区の土地価格は高く、1坪当たり平均で約188万円でした。中原区といえば、最近注目されている武蔵小杉駅があるので人気が高いです。

色々な人が訪れます

間取り図

川崎市にある住宅展示場には様々なハウスメーカーのモデルハウスがあり、それぞれの特徴や強みをアピールしています。住宅展示場というと、注文住宅の購入を考えている人が行く場所というイメージがありますが、実際はそれだけではありません。実はマンションや建売住宅を検討している人でも、住宅展示場に訪れるケースは少なくありません。何故なら、建物の設備や構造をチェックできるからです。実物に触れることで具体的なマイホームのイメージがわくと評判なのです。

広告募集中