HOME>イチオシ情報>広島の不動産で物件購入する時に注意することとは?

不動産を購入する前に準備することとは

広島で不動産を購入するときは、一生に一度の買い物となるためちゃんと事前に準備をしておかなくてはいけません。

不動産を購入するときに気を付けること

  • 資金計画をきちんと立てておきましょう。
  • 住みたいエリアを決めておきましょう。
  • 物件をインターネットや広告などを見て探しましょう。
  • 気になる物件は、必ず現地見学をしましょう。
  • 売買申込をして、契約を交わしましょう。
  • 契約のタイミングや引き渡し時期を検討しましょう。
  • 住宅ローンを組む前に自分に合ったローンを探しましょう。
  • 第三者機関にお願いして住宅診断をしておきましょう。
  • 内覧や引き渡しのチェックは入念に行いましょう。
  • 契約書関係は慎重に目を通してからサインをしましょう。

四方八方をリサーチ

男性

気に入る不動産が広島に見つかったのなら、契約を結ぶことになります。もしも、その物件の気に入る内容が「眺め」だとしたら、現実的に考えて、購入する物件の四方にマンションや高い建物などが建設されないのかを確認しておくだけでなく、更地や空き地なども確認しておきましょう。というのは、眺めがよくて静かだとしても、数ヶ月もしないうちに、隣地が売りに出てしまい、駐車場や溜まり場となりやすい空き地になる可能性が否定できないからです。住宅地にマンションは建設されないだろう、しかし、駐車場などになれば、騒音トラブルなどにより、住み心地さえ悪くなるかもしれません。また、戸建てのみならず、マンションを取得するならばなおさら、手前にマンションが建設されることで、日影規制には当てはまらないかもしれませんが、多少なり地域の性格とは異なる建物が建つことになるかもしれず、くれぐれも注意し、注目しておきましょう。

近所づきあいは必要

住宅模型を持つ人

広島の不動産を取得してから、近隣住民や居住者などによって根も葉もない噂が広まることもあるかもしれません。手放すことが難しいことや、今後のこともありますから、毅然とした態度を取りましょう。町内会の会報などを含め、誤りや、謝罪となる文書を掲示板に張り出してもらうことも考えておきましょう。それだけ、不動産のみならず、トラブルは人との交流にもあることを知っておきましょう。

隣の家や人もチェック

男性

広島の不動産を取得してから気づくこととなるのは、隣家のことです。近所づきあいが希薄になることが原因にもなっていますから、近所への挨拶、下見で住民の声をリサーチしておくことがポイントになります。注意をしにくい間柄にならない、逆に、注意をしたために気まずくなったりすることも多いようですから、平穏な生活では持ちつ持たれつの関係を築きましょう。

広告募集中